小児歯科1-①

新連載!?

歯のいろんな事 学んだ事をブログに!

少しづつでも載せていけたらと思います。

森の泉歯科 スタッフ Hです。

第一回の①は小児歯科

始めに、小児の成長発育段階

医学、歯学、教育学、行政など、それぞれの分野に適した分類がなされるが、小児歯科学ではこの分類(松村の分類)を用いる事が多いんだそうです。

①出生前期   0~280日
卵      0~14日
胚      0~63日
胎児     63日~出生

②新生児期   0~28日
③乳児期    1年
④幼児期    1~6年
⑤学童期    6~12年
⑥思春期    ㊛10~18年 ㊚12~20年

なるほど
だいたい1年までが幼児期で幼稚園までが幼児期
小学校の間が学童期でその後思春期って事ですね。
そして女の子の方が思春期が早いと

こんな感じで勉強した事を少しづつ載せて行きたいとおまいます。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る